toggle
2018-06-16

バター3種をスコーンで比較!エシレバター、カルピスバター、バイオグラスフェッドバター スコーン作りに相性が良いのは?

こんにちは!

ここのところ毎晩(深夜2時頃から!)、スコーンと紅茶の小さなパーティを開催している我が家でございます。。。
もともと夜型な人たちが共に暮らすと拍車がかかりますね。大丈夫、元気です。

せっかく自分で作るなら素材からこだわりたくなるもの。
以前、【保存版】おいしい自家製スコーンの作り方【紅茶のおともに】を書きましたが、さらなる高みを目指して日夜研究中でございますので、今日はその経過報告です。(↑レシピ更新しました!

今回は、バターを3種使い分けて、それぞれどんな仕上がりになるか検証しました!
お料理やトーストに常用しているカルピスバター、大好きなフランスのエシレバター、今回初めて試しましたバイオグラスフェッドバターの3種類。

シンプルなスコーンだからこそ、素材の味がダイレクトに影響します
はっきりと違いが出た、興味深い研究結果になりました!

カルピス 特選バター

 

スーパーでもよく見かける、大きめのバター。(450g)
「バターの味が決めてになる料理にお使いください」と書いてあるくらい、メーカー自信の逸品のようです。
クリーミーで、バランスよく美味しいバターです。
どんなお料理もおいしくなります。
無塩と有塩、両者とも我が家のスタメンです。

スコーンに使ってみても、カルピスのバランスよく美味しい味わいはそのまま
ほのかにカルピスバターの後味を感じます
期待通りのおいしさです♪

 

エシレバター

続いて、フランス産エシレバターです。

日本橋にジャパン本店があり、何度か足を運んだことがありますが、最近は成城石井などにも取り扱いがあるので、わりと手に入りやすいバターになりました。
本店にはエシレバターを贅沢に使った『エシレガレット』なる極上の食べものがあります・・・!
その話もまたいつか。

スコーンに使ってみると・・・

さすがのエシレです。
ガツンとした華やかな旨味を感じます。
口に入れた瞬間にバターの香りが広がり、心地よく主張してきます
とっても美味しい♪

バター自体が柔らかいので、冷蔵庫から出すとすぐに溶け始めてしまいます。
スコーンはやや硬いバターの方が扱いやすいので(クッキーやケーキのようにリキッドになるまで溶かすことをしません)、スコーン作りの場合は扱いに注意が必要です

 

グランフェルマージュ バイオグラスフェッドバター

グラスフェッド(牧草飼育)のみで育てた乳牛から作られるバターです。
ちなみに、ダイエットに効果的と話題の、バターコーヒーなる飲み物は、グラスフェッドのバターを使わないと、中性脂肪を減らす効果が出ないそうです。(余談)

バター自体はやさしい味わい!色味は、黄色が強めです。
旨味を感じさせつつ、しつこくないのが特徴です。
スコーンに使ってみると、主張しすぎず良き引き立て役となってくれました
もっとも飽きずに食べられそう。
素朴でありながら、持続するコクを感じます。
噛むほどにしっかりと旨味を感じる、おいしいバターでした!

まとめ

どれも美味しいので、正直甲乙付けがたいです・・・!
が、しいて選ぶなら、わかりやすい美味しさではエシレバターに一票かな。
バターってこんなにおいしいんだ!と思えるはず。
お友達に振る舞うなら、エシレバターにします。

でも、個人的にはグラスフェッドバターも好きです。
素朴で良質な味わいを求めたくなるときも。。。
毎日スコーンを食べるならグラスフェッド、他の料理にも使いたいならカルピスバターもおすすめします!(味は違えど結局どれもおいしい!)

関連記事