toggle
2017-09-13

お掃除ロボット『ルンバ』を買いました!

本日、ずっとほしかったお掃除ロボ『ルンバ』がやってきましたー!!

どーーーん!
昨夜Appleの新製品発表もあったばかりですし、新しいガジェットにワクワクしっぱなしのまいです。

振り返れば小学生の頃、犬型ロボットAIBO(大変懐かしい)がとってもほしくて眺めているだけだったんですが、大人になって、ようやくロボットと暮らすという願いが叶いました。
しかも掃除までしてくれるなんて夢のようです。

というわけで、興奮冷めやらぬうちに『ルンバ』開封の儀から、ファーストインプレッションをたっぷりの写真とともにお伝えします!

ロボット掃除機『ルンバ 622』(600シリーズ)

Amazonから届いた箱は、ずっしりと大きい!
家電を買ったときの、箱の重さってなんか嬉しいですよね〜
買ったぞ!感。

箱を開け、メインディッシュは最後に取っておいて、周辺小物から開封していきました。
ちなみにケーキのいちごは中盤にバランス良く食べるタイプです◎

リモコンです。
スタイリッシュで良い感じ。

ルンバといえば、バッテリーが少なくなったら自分でホームへ帰って充電してくれるというところが可愛いですよね!
想像するだけで愛らしいです。
上の写真が、そんな彼のホームベース

こちらはオートバーチャルウォールといって、ここからは入ってほしくないぞというエリアの端に置いておくことで、赤外線で侵入区域と判断して避けてくれる便利機能くんです。
直線に壁を作るもの(オートバーチャルウォールはこれです)と円形に壁を作るものとの、2種類のモードを切り替えることができる、デュアルバーチャルウォールなど、別売りの付属品もあって、かゆいところに手が届く仕様になっておりますね・・・!
我が家はワンルームなので、とりあえず玄関に置いてみます
土足エリアに落っこちちゃったらかわいそうなので。。

替えのクリーニングブラシの他には、フィルターの予備、クッションラバーなど細かいものが入っておりました。

ルンバを充電してみる

そして、今夜のメインディッシュです!
かわいい〜ピカピカ〜〜〜
背面はこんな感じです。

黄色の絶縁シートを引き抜くと、ポコポコピン!と音が鳴りました。
命が宿った瞬間です。

さっそく使いたいので、充電を開始します。
上部に持ち手があるので移動もらくちん。

最初なのでホームベースまで持って行って、

がちゃこん

充電が始まると真ん中がオレンジ色に点滅します。(シリーズによって異なります)
省エネのため30秒後には点滅が消え、静かに充電が終わるのを待つこと数時間。

いわゆる「スマート家電」的な要素もあって、スマートフォンのアプリを使えば、外出中の指示も可能です。
外にいて急な来客が決まったら、「帰るまでに掃除しといてね!」なんてことができるのは便利ですね。

長くなっちゃったので、使用感はまた後日、お伝えします!

 

関連記事